「オーダーメイド・リフォーム」カテゴリーアーカイブ

石を合わせる

オニキスの石入れが研磨屋さんから出来上がってきた。

基本的にこのようなタイプは接着でとめてあるので、石が取れちゃうことがあります。

枠にあわせて石を削るわけですが

すんぶたがわずって言うけど、まさにこの事

隙間なくぴったり合わせてくれます。

ちょっとでも削りすぎたらアウト

これもすごい技術だね~ アップ  

飾り職人ヒデの奮闘日記

展示会場なんかの実演コーナーでは宝石の研磨を見たことありますが

一度じっくり研磨工場見学させて頂きたいっ!!

先日、youtube見てたらダイヤのカットから宝石の研磨の動画がたくさんありました。

頭の中では理解してても、実際見てみるのはやっぱり違うからね。

ジュエリーの業界ってそう考えるとめちゃめちゃ幅が広くて、面白い世界です (^。^)

子供が巣立ったら研磨もやってみたいな~ www

ほぼ完成  パール帯留め

パール帯留め、ほぼ完成

シルバーで作ってます。 

シルバーで作るところが難しくて・・・通常は石を留めて最後にメッキをかければOK

でも、真珠の場合はメッキをかけてから留めるしかないのです

今回はお客様のネックレスの珠を利用してお作りしています。

まだ、横から貫通させてる線が出てまして

接着だけでは心もとないので、先端をつぶしてしっかり留めようと思ってるのですが

メッキかけてあるのでほんの少しでも傷ついたら困るし、レーザーも使えないしね~

今回は、金やプラチナにはない苦悩が (>_<)

ジュエリーを作る上では様々な難しさがあるって事をみなさんに知ってほしくて書いてみました

接着が完全に固まったら、どえらい慎重に丁寧に仕上げますっビックリマーク

飾り職人ヒデの奮闘日記

銀粘土からプラチナリング

先日型取りしたリング

このゴム型に溶けたワックス(ロウみたいなもの)を流し込みます。

飾り職人ヒデの奮闘日記

出来たモデルを立てて、ステンレスのリングをかぶせ

飾り職人ヒデの奮闘日記

埋没材を流し込みます。

石膏みたいなものですがシリカを原料とした超高温に耐える埋没材を使います。

飾り職人ヒデの奮闘日記

6時間脱水乾燥させた後、さらに6時間くらいかけて900℃まで焼きます。

中のロウは完全に燃え尽きて空洞になります。

そこへ溶けたプラチナを流し込みます。

飾り職人ヒデの奮闘日記

水を張ったバケツに放り入れると、埋没材が壊れて鋳造物が出てきます。

鋳造完了  (^_^)

飾り職人ヒデの奮闘日記

プラチナの場合は、超高温で鋳造するために埋没材がモデルに焼きついてとれにくい

そこでフッ化水素酸って薬品で溶かしちゃうんです。

ガラスも溶かす液体ってすごいです!

硫酸、硝酸、水酸化ナトリウム、フッ化水素酸

ジュエリーを作るのも、化学の力にずいぶん助けられてます。

まったく関係ないけど

昔はシリカゲルって乾燥剤がお菓子なんかに入ってたでしょ。

あれもシリカの化合物みたいだけど

今は乾燥剤じゃなくて、鉄粉を原料とした脱酸素材が入ってるんですね。

つい最近まで知らなかった ^_^;

オーダーメイド パールイヤリング

オーダーいただいたパールのイヤリング

アイスブルーのダイヤに

飾り職人ヒデの奮闘日記

ベネチアチェーンでパールをスイング

飾り職人ヒデの奮闘日記

耳もとでゆれるパールがとってもキュート

エレガント&キュートですビックリマーク

パーツをぶら下げる部分はなるべく目立たないように極細の線を使って極小のマルカンでつないであります。

ダイヤとチェーンはデザイン重視で直接ロウ付け。

飾り職人ヒデ、性格は大雑把ですが・・・・仕事は細かいところにこだわりますメラメラ

一見簡単そうなんだけど、精密なロウ付けが必要なので難しいんですよ^_^;

息とめてホコリのようなサイズのロウに全神経集中です

ほんの少しの事なんですが、丸いカンが大きいか小さいかだけでもずいぶんイメージが変わっちゃう。

とことんこだわれるところがオーダーの良いところ

気に入っていただけて良かったです (^_^)

インレーワックス 鋳造OK

インレーワックス鋳造成功です

今までのはなんだったんだろう?

プラチナを鋳造すると巣が出ちゃう

温度上げて焼いてるんですが、ワックスが燃えた後になにかが残ってるんだよね

長期間使ってたのでワックスペンの焦げカスとかホコリが混入してたのか

そもそもそのワックス自体が残りやすいものだったのか

原因はよくわかりませんが、新しいワックスが綺麗に鋳造できて良かった

インレーワックスは部分的に盛り付けたり修復したりして使うだけですが

やはり、綺麗に鋳造できたほうが気持ちいいニコニコ

仕上げますメラメラ
飾り職人ヒデの奮闘日記

完成

左がリフォーム前  右がリフォーム後

飾り職人ヒデの奮闘日記

ダイヤリング リフォーム

プラチナダイヤリングのリフォームです

ダイヤを足して少し豪華な感じに仕立てさせていただきました。

もちろん、デイリーユースでお使い頂けるように爪がひっかからないデザインビックリマーク

飾り職人ヒデの奮闘日記

ほんの少しダイヤを足すだけでかなりイメージが変わりますね

工房直営でお値打ちにリフォームさせて頂いてます。

お気軽にご相談くださいませ(^_^)

豪華にリフォーム+

先日の続き

ちなみに、これはマーキスの爪

幅1mmの薄い板をくの字に折り曲げてあります。

すごいちっちゃいけど、石がはずれないように先端をしっかりホールドしてくれます。

2本の爪で留めますが、この形状のおかげでラウンドよりも石は落ちにくいのです (^。^)

飾り職人ヒデの奮闘日記

石が留まったらアルカリのお風呂に一晩浸かって、石の裏側まで綺麗さっぱりピカピカ

かなり華やかになりました (^。^)

全部作り変えるんじゃなくて、こんな風に手元にある宝石を足すだけでもかなりイメージは変わります

飾り職人ヒデの奮闘日記

元のリング

飾り職人ヒデの奮闘日記

薄いです (>_<)

ピアスの片方がなくなることありますよね。

ピアスは軽くするために、プレスやエレクトロフォーミングって厚メッキで作ってあったり

薄くて小さいから簡単じゃん!ってことにはなりません。

手作りで作るには中空だったり薄かったりで、かえって難しいんです ^_^;

さて・・・ 葉っぱの部分、プレスで作ってあるけど、どうやって作りましょ

飾り職人ヒデの奮闘日記
飾り職人ヒデの奮闘日記

とりあえず、今夜はプチ忘年会

飲みながらいろいろ考えてみます (*^_^*)