銀粘土体験教室

銀粘土体験教室

薄く延ばした銀粘土のシートを

紙粘土やコルク粘土の中子材の上に巻き付けてボリュームのあるリングの完成

彫金・鍛金では技術を要する難しい裏抜きのリングですが

初心者の方でも2時間ほどで出来上がります

ご参加ありがとうございました (^_^)

ブラックオパールリング リフォーム

お客様お持ちのブラックオパールとメレーダイヤを使ったリメイク

綺麗なブラックオパール

お持ちのジュエリーからはずした大小様々なメレーダイヤも使って

お客様のご希望はこんなイメージ

ラフスケッチでご提案

さらに、3Dでデザインをコトコト煮詰めていきます

完成

メレーダイヤを使ったイヤリングに

お客様のペンダントとイヤリングのメレーダイヤを使って


豪華なイヤリングに!

前回ブローチもオーダー頂いた、矢作町のピアノの先生

ブローチと一緒に楽しんで頂けるといいな~(^_^)

お客様お持ちのジュエリーに使われていたメレーが綺麗だったので

仕上がりもピッカピカ、美しいイヤリングに仕上がりました。

やっぱり、小さくても綺麗な素材を使ったジュエリーは良いですね

金婚式

土曜日の夕方から休みをいただいて

近場の温泉に一泊で父と母、弟と僕で金婚式の祝いに行ってきました。

家内からの提案でした

男ぼうずはあきませんな

この歳で親子水入らずの旅行なんて

こっぱずかしくて想像もつかなかったかも

子供の頃は良い事でも悪い事でも何でもいい、誰よりも先にやれ!なんつってww

おおらかに、自由奔放に男二人兄弟を育ててくれた二人に感謝です。

残念ながら僕も弟も、若い頃は親孝行も良い事も

ほとんどしてこなかったので

そこそこの大人になった今、これからも兄弟ともども

世の役に立つよう、家族を幸せに出来る様、全力を尽くしますよ。

なかなかめんと向かっては言えなかったのでww

ほろ酔いでここに書いときます

おやじ、おふくろ、本当にありがとね

いつまでも仲良く元気でいてください(^。^)

輝きを取り戻せ

滅多にない修理ですが

サンゴのネックレス

ほとんど艶がなくなってるので、糸換えだけだけでなく

研磨仕上げも行いました

新品のようにピッカピカ

宝石の中には、オパールのように柔らかい石や

有機質のデリケートなサンゴ・真珠・琥珀・象牙等あります。

数十年も経つと、擦り傷や酸などよって艶を失う事がありますが

研磨する事で、元の輝きを取り戻す事が出来ます

イミテーションと宝石との違いでもあるかな

お気軽にご相談くださいね(^_-)

IJK弾丸ツアー

久しぶりのほろ酔いブログです

最近、かみさんがスタッフブログ書いてくれるので

ブログサボってました

みなさん見てくださいね~

ジュエリークラフトシバ スタッフブログ


一昨日は毎年恒例、国際宝飾展日帰り弾丸ツアー

経費節約のため東京も神戸も車で行くんですが

さすがに日帰り弾丸ツアーは体力的にきつくなってきた48歳

次回は新幹線で行こうか~って感じ

マジで桝添さんがうらやましい

生まれ変わったら一生懸命勉強して知事になって

グリーン車で行こうと思いますww

意外と知られてませんが

三重、四国、九州で生まれた真珠は多くは神戸に集められて加工されます。

港町神戸、真珠の街神戸

本当に景観も情緒ある素敵な街ですね(^_^)

サボらずに真珠の魅力も発信していきます

柔らかく

言い忘れてましたが、ジュエリークラフト シバ

ゴールデンウィークも情熱営業中です

一昨日、娘が帰ってきました。

早上がりで娘と  久々のほろ酔い日記

時々娘からダメだしくらうようになりましたww

老いては子に従えって、よく言ったもんだね~

よく見てる

年齢と共に、がんこになる、頭固くなるもんだな・・・体も

今日、はじめて40肩かも? と思った

手を使う仕事だし、バドミントンで肩ぶん回してるし

絶対ならないと思ってた

先日、肩甲骨のあたりがつった

多分、腰もだけどあちこちコチコチ  こわばってんだよね

肩の痛み、めちゃくちゃ痛いわけじゃないけど嫌な痛み

体も頭も柔軟にして行こうと思います。

多種多彩な修理

最近は多種多彩な修理の依頼があります。

 

先日、メガネのつるの修理がありました

 

18金のフレームならメガネも修理いたしますビックリマーク

 

 

これはシルバーのピアスポストを細く加工

外国のピアスってなんで太いんでしょ? 子供の頃からあけてるからかな~はてなマーク

 

日本製のピアスだと、平均0.75mm  太目の物で0.9mm位

 

1.3mmもあったら痛くて入らないよね あせる

 

 

 

こちらは、ダイヤの欠落修理

石を留める爪が残ってない場合は、爪を作らなければなりません。

 

火を当てなきゃいけないので、昔は石をいったんすべてはずす必要がありましたが汗

 

今はレーザーやアーク溶接があります。

 

文明の利器のおかげで、ほとんど修復不可能なジュエリーはなくなりましたアップ

 

良い時代です。

 

 

 

金価格高騰で、ジュエリーもリサイクルの時代ですが

 

修理して大切に使って頂ける事は、作る側の人としてはとてもうれしく思いますニコニコ

 

アクセサリー類の場合は、素材によって出来ない物もありますが

 

全力で修復させていただきます。

 

どんな修理でもお困りの時にはお気軽にご相談下さいね (^_-)

 

 

 

 

男女の仲以外はなんでも直します!!

 

               by 飾り職人ヒデ

 

 

 

ジュエリークラフトCIVA店長&飾り職人ヒデの奮闘記