カメラおやじ

ほろ酔い日記です(*^_^*)

丹精込めて作ったジュエリー

写真を上手に綺麗に撮れるようになりたい・・・

せっかくなら三河湾や月1ウォーキング行ってる明治村に行った時に綺麗な景色も撮ってみたい

って事で仕事終わりに時々飲みながらネットで学習

レンズのF値ってのは数字が小さいほど明るく撮れるみたい

焦点距離は短いほど広く撮れるのか、望遠の反対が広角ね

なるほど、綺麗に撮るにはレンズも重要ってとこにたどり着きました。

ジュエリーを撮るのと、風景や人を撮るのはまったく違うのね~

しかし5万、10万・・・良いレンズってカメラ本体より高い(ToT)


わけもわからずとりあえず買ったマクロレンズはまぁまぁ万能のようだけど

風景を撮るための良いレンズ欲しくなりまして

amazonさんをうろうろ

35mm、F1.2 めっちゃ明るく綺麗に撮れそうなレンズが一万円、安く売ってますがな!

なんで?

オートフォーカスがない、手振れ機能がついてない

正直なところレンズ内部にモーターが入ってるどころか、シャッターもレンズ内部にあることすら知らなかったど素人です(笑)

絞りもピント合わせも手で行う、アナログのレンズなら結構安く手に入るみたい

まぁ・・・厳密には10万円のレンズとはレンズのレンズが違うようですが

とりあえず、機能満載のデジタルレンズより小さくて軽いし(^_^)

めんどくさくても練習すれば綺麗に取れる可能性があるならオッケー

届きました

これが・・・面白い!楽しい

なんでしょ? オートマが当たり前の時代、ハイブリッドカーやいまや車は自動運転の時代に

キャブレタ、チョークのついたミッション車に乗る感じ?

めっちゃめんどくさい

ピントあわせもひと苦労

でも、絞るとどうなるのか? シャッタースピードで明るくなる、暗くなる? 露出ってなに?

なるほどーーー

おかしなもので世の中はどんどん簡単便利に快適になってますが

めんどくさいほど・・・難しいほど面白いかも

しばらくこのアナログレンズで、日常とジュエリーを撮りまくって勉強してみたいと思います(^_^)

栗拾いで初デビュー

小ぶりで軽いのはなによりいい(^_^)