引き目ロウ 失敗談

引き目ロウの続きです

なかなか難しくも楽しい引き目蝋(^_^)

ほろ酔いで失敗談書いておきます。

まず蜜蝋をしっかり溶かします。

微かな記憶を頼りに、この溶けた蝋をすくって手のひらに・・

あづっ!! あぢっ!! (>_<)

美しいジュエリーを作るには、我慢や、根性や!

確か・・・熱かった記憶がある。

記憶が間違ってました

我慢も根性も、そんなプレイもいりませんww

すこし冷めてから掬い取って手のひらでさましましょう(^_^)

 

そして柔らかいうちに伸ばしてたたんでまた伸ばします。

柔らかい方が引きやすいですが

柔らかすぎると引き目もつぶれてはっきりでません。

やってるうちに思い出しました。

一回失敗して、練り直して再度挑戦

かなり冷めたくらいがちょうど良い温度です。

30℃前後位かな~、ちょっと固め位

これがすぐに冷め過ぎちゃうので難しい(>_<)

今思えばこの季節、汗をかきながら外でやれば

ちょうど良い温度でやりやすかったかも。

引き目蝋の極意はこの温度じゃないでしょうか?

最初はなかなか上手く行きませんが

何度も何度もやってるうちに美しい引き目が出来てくる

楽しくなってきます(*^_^*)

今では消えさりつつある技法かもしれませんが

まったく同じ物は作れない世界でただひとつの作品

引き目蝋、楽しいし面白いですよ (^_-)

続く・・・