翡翠リング カスタムでオンリーワン

大きな翡翠のリング、個性的なデザインでとリメイクの依頼

大きい石ってデザインが難しい 

横向きにセットして腕を個性的に作り変えてみようか?

イメージは変わるけど、見えるのは結局ほとんど翡翠だけだし

ド派手でも良ければダイナミックに変身も出来るけど

石のまわりを飾るとごっつくなっちゃうしな~

せっかくのギラギラダイヤモンドにはない翡翠の品の良さが

さんざん悩んだあげく、石の上にパーツをかぶせてカスタムしました

良い時代です、レーザーやアーク溶接でこんなデザインも可能に

カスタムでオンリーワンジュエリーに(^_-)

オーダーメイド タンザナイトリング

オーダーメイド タンザナイトリング

僕が思うに、この世で最も美しい青色、大好きな石

サファイアと違うのは、多色性が強いので赤みがかった青紫みたいな色です。

呉服業界で働いてた頃

同じ黒でも、紅下、藍下ってのがありました。

黒に染める前に、下地に赤色や青色を染めるのです。

今みたいに化学染料でスーパーブラックはない

なかなか真っ黒に染められない時代だったので、先人の知恵でしょうね

同じ黒でも深みのある美しい黒になる

新人の頃、美しい茶色の振袖をお買い上げ頂きました。

茶色です^_^;  綺麗な茶色って?

それがあるんです

絹独特の光沢もありますが

なんでこの茶色、こんなに美しいんだろ?

反物の端を見るとわかりますが、実は何色も染め重ねて茶色になってる。

着物も宝石も似てるかもしれません

多色性が深みのある美しい色を醸し出してるのかも。

ぶこつな昭和の工具

勇退された年配の職人さんのところへ、工具をいただきに行ってきました。

ネックレスを主に作ってた職人さん

プレス機

今となっては、使う機会もないけど・・・

ぶこつだけど、いかにも仕事しまっせ!ってたたずまいが良いね

こちらは金やプラチナのワイヤーを作る工具


ごついです! 2m近く、50kg以上ある

生まれて始めて見た工具

チェーンを作る為にワイヤーをねじる工具みたい

これは、平成の今でもみんな使ってる圧延ロール

金属を薄く延ばす機械

でも、相当サビサビ

壊れてはないので、ばらしてメンテすれば使えるかな

使えそうな工具は若い職人さんに全部取りに来てもらったけど

以上のごつい工具はまだ残ってます。

送れないので取りに来ていただける方限定ですが

差し上げますので、使えそうなら使ってください(^_-)

現代はジュエリー作るのも、レーザー溶接に3Dプリンターの時代

機械もどんどんコンパクトでスマートに。

昭和の工具は鋳鉄製の重くてどでかいハンドルにデカイ歯車

見るからに、あなたの力を増幅してジュエリーに伝えます、仕事します!

ぶこつでごっついけど・・THE職人、良い雰囲気

機械としては引退しても、オブジェとして使ってもらえると良いな~(^_^)

乾杯

昨夜は弟の奥さんの誕生日祝い 

何年かぶりに、景色の良い所で乾杯

名古屋の夜景も綺麗だったし、料理も酒も美味しかった 

明日も頑張る

ダイヤモンドリング リフォーム

お客様お持ちの2本の指輪を使ってのリメイク

作り直しても綺麗なダイヤはやっぱり綺麗

2本を1本にする事でかなりゴージャスな感じですが

高さを抑えて、デイリーユース可能なリングに変身

100年、1000年身につけてても傷ひとつつかないのがダイヤモンドの良い所

眠ってたダイヤモンドリング

身につけて楽しんで頂けるといいな~ (*^_^*)

スポーツはいいね

金曜日はバドミントンの日

先週、友達にかっこいいとこを撮ってくれって頼んだら

今日もこんな感じで楽しくバドミントンしてきましたwww

汗流して帰ってきて、録画しといたはずのボクシングが

ハードディスクいっぱいで撮れてない

お互いダウンを奪うようなハードな試合だったみたいで・・

見たかったな~(>_<)

気を取り直して女子サッカー見ながら

結果は残念 

サッカーみたいに1点、2点を争う勝負は運にも左右されるからね

最後の方しか見てないけど

全力を尽くして戦ったんだなって伝わりましたよ(^_^)

その後、卓球見ながらさらに一杯

すごい試合だった   感動しました。

スポーツってよく心技体なんていうけど、メンタル重要です。

48歳のおっさんでも途中で泣きたくなるようなギリギリの戦い

世界の舞台なんて実力は本当に僅差だと思う。

せめぎあい、つばぜり合い、まさに死闘

伊藤さん15歳だって?  すごかった

本当に素晴らしかったです

スポーツはいいね

ホワイトバランス

今日は仕事も早上がり、ほろ酔い日記です

ホームページも手を入れたい、出来ればショッピングサイトも

まずはジュエリーの写真を綺麗に撮れなきゃ始まらない。

実は、何年も前に一眼デジカメとマクロレンズも購入し

照明、ホワイトボックス、無反射ガラス

ジュエリー撮影スタジオみたいなとこまで準備して

撮ってみたものの、これが難しい

どう撮っても上手く撮れない

絞りだシャッタースピードだの勉強したものの

なんでプラチナの色が変わっちゃう?

ホワイトバランス・・・オート、自然光、蛍光灯、いろいろ設定変えても

見たままの色にならない

こんなことなら、スマホカメラで撮った方が自然の色で綺麗に撮れるやん!

基本的にスマホカメラは肌の色が綺麗に撮れるようになってます。

白や黒じゃなく、肌の色に近い物の上で採れば簡単に見たままの色で撮れる。

スマホのカメラ優秀です

でも、せっかくカメラもある事だしネットでジュエリーの撮り方調べて最勉強

ホワイトバランス・・・・ん?

オート、太陽光、蛍光灯、白熱球、曇天のほかにカスタム設定って

真っ白の紙を撮ると、ホワイトバランス調節してくれるだと?

デジカメをよくよく見てみたらあった

見たままの色で撮れるやん

基本中の基本でつまずいてただけ

今日は一歩前進

クリスタルジェミーやキミエホワイトさんじゃないけど・・・

デジカメはまずはホワイトバランス、一番重要なんだね

美しく撮れる様にさらに精進します