尾張名古屋の職人展

今日はオアシス21で開催される、毎年恒例

尾張名古屋の職人展

畳職人、左官さん、仏具やさん、建具やさん、竹細工職人  その他たくさん

物作り愛知の職人さんが一同に会して

子供たちをはじめ、みなさんにもの作りの楽しさ・面白さを知っていただくイベントです(^_^)

ジュエリーの場合、シンプルな一本の指輪を作る事さえ短時間では出来ません。

なかなか、ジュエリーをどんな風に作るのか?どんな技術で作るのか

短時間で伝えるのって難しい

 
でも、今年は真鍮&スタンプワークで作る指輪が子供たちに大盛況
 
叩く・曲げる・磨いてピカピカになる

ジュエリーを作る技術云々は抜きにして、作る楽しさは伝わったんじゃないかな~

宝石すくい、宝探しコーナーも子供たちが目をキラキラさせてたし

留守番してるお母さんのために、指輪を作ってあげた子もいました(^_^)

これも、本物のジュエリーやね 

確かに、宝石は品質が良い悪いとか、高いとか安いとか

より高度な技術が・・・・・なんて

でも、子供たちにとってはそんなことた~関係ない!

自分で掘り出した宝石

材料が真鍮だろうが自分で作った指輪!  立派なジュエリーです

この子達の中から、将来素晴らしい飾り職人がうまれるといいね~

子供たちの笑顔から、原点に返りいろいろ学ばせて頂いた一日でもありました。

忙しくも楽しい一日でした(^_^)

CAD 次の課題   点

先生が新しい課題を送ってくれました (^_^)

石枠編です

前回のおさらいも兼ねてます。

 これはテキストじっくり見なくても出来るぜ!・・・・のはず

しかし、コマンドは覚えてるものの、点を指定する時に混乱

中心点・参照点・基点・始点・終点 

点が多すぎるねん       覚えたつもりが忘れてる事もあるな~ 

こればっかりは慣れるしかない

でも、点を増やして形を綺麗にする事は覚えた。

点、点と点をつなぐ線、線をつなぎ合わせた面、面をつなぎ合わせた立体

基本となる点

このCADってやつは点を制する者がマスター出来るのかもね~

英語ではポイントとも言うし

CADにおいて、たったひとつの小さな点がものすごく大切だって事は肌で感じました。

ソフトはどんどん進化してるので

作り方によってはいきなり面とか、いきなり立体を作る事も出来るんだけど

変形・編集しにくい、融通がきかない

点は大事や

点を人に置き換えると、この世の社会にも似てんな~

なんてちょっと思った本日

 

娘に・・・

最近、なかなかジムに行けないんですが

週一で水曜日だけは欠かさず行ってます。  今日も完全燃焼

帰ってきたら息子が文化祭の準備中

家族揃って、てんやわんやww

ヘロヘロだったのでCADの勉強も仕事もやめて、youtube聞きながら一杯

ノリノリから沖縄ソング、演歌やら

youtubeの良いところはたどりたどって

こんな歌もあったな~ってたどりつけるところがいいね

話は変わるけど、僕の仕事は花嫁さんにたくさん出会います。

最近では、自分の娘と同じ年齢のお嫁さんも

我が子はどんな人連れてくるんだろう? 一緒になるんだろう?

幸せになってね・・・って目の前の花嫁さんのお父さんの気分になっちゃうんだよね

で、youtube聞きながらたどり着いた曲

娘に   http://www.youtube.com/watch?v=gZFQSUjRU74

こらあかん

ほろ酔いオヤジはみんな泣けちゃうな

吉さんが、感極まっちゃうのもわかる

全国のオヤジさん、ほろ酔いで聞いてみてちょ

安全第一

今朝、軽トラでゴミ捨てに行って帰り際

高校生が狭い路地から飛び出してきて、危うく事故

自転車で下り坂でブレーキかけたくない気持ちはわからんでもないし

ま・・・田舎で細い道なので、車も40km出して走るやつはおらんけど

俺が乳母車押してるおばあちゃんなら、兄ちゃんにひかれてたぞな

朝の時間帯なら、急いで裏道飛ばす車もおらんとも限らんしね。

その後、テレビでニュース見てたら京都では痛ましい事故

そして夕方、駐車させて下さいって・・・・我が家の前で交通事故。

たいした事故じゃなくて本当に良かった。でも、多いんです

おまわりさんも、昔は事故処理で車とめさせてくださいって来たけど

今ではいつも来るおまわりさんならの店の中まで入ってこない

なぜなら目と目で通じ合えるようになった。  それ位多いんです^_^;

こんな見通しの良いど田舎の一本道で、なんでこんなに事故が多いのか?

北海道で死亡事故が多いのと同じじゃないかな~

すぐ近くに信号がひとつあるんだけど、他は東西1km以上押しボタン式以外信号がない。

見通しが良くてブラインドコーナーもない、飛び出してくる子供やばあちゃんもいない

飛び出してくるのはせいぜいイタチくらいです。

どうしてもスピードは出るよね

で・・・たったひとつの交差点が、高速道路の下の右折専用レーンがあるようなでかい交差点。

信号が黄色になっても、ここ過ぎればまた1km信号がない

ブレーキじゃなくてアクセル踏んじゃえ!って気持ちもわかります。

だから、事故が多いんだと思う

本当に魔の交差点です

なんか、良い方法ないですかね~?

事故の多い交差点だけは道路を赤色で塗っちゃうとか、カーナビが注意してくれるとかさ。

奇しくも秋の交通安全期間中

人間、腹切り開いて盲腸取り出しても死なない

ピストルで数発撃たれたって、急所に当たらなきゃ簡単には死にません。

でも、車だけは事故れば簡単に人の命奪います、奪われます。

辛気臭いブログになっちゃったけど

気をつけろ!って神様からの警告か?って思う位、重なった一日でした。

僕も気をつけますが、どうぞ皆様安全第一で

CAD チャレンジ編   1時間目

完璧とは言えないけど、ライノセラス入門もひととおり完了!

スタートからおさらいしておくとここまで

基礎をテキスト見ながら10時間、先生とマンツーマンで16時間、復習で14時間位

ざっと40時間? 基礎の基礎は頭の中に入ったかな

ここからは、自分でチャレンジ

作りたいものを作ってみます

まずは先日手作りで作ったネームペンダントに挑戦

最初、画像を取り込んで文字をなぞろうかと・・・・でも、手間がかかりすぎる

で、友達に聞いてみたらテキストあるよって

そう言えば、そんなコマンドもあったな~   おっさんの記憶力なさすぎや
 

で、テキストコマンド使ってみました
 

めちゃめちゃ便利    文字も一文字づつ分割されてるし、親切やな~(^_^)

じゃぁ、先日みたいにカーブ付けるのも可能

で・・・・押し出してみた
 
 
なぜかMだけポリにならない(>_<)

そのままふたしてみたらアートになったwww

制御点が山盛りだし、どこかエラーになってるんだろな
  

で・・・・Mだけ書き直して押し出し

そのままじゃ、強度的に弱いので補強も入れて完成 
  
悪戦苦闘で2時間以上かかったけど

一歩前進っす

水晶研磨 サファイアガラス

お客様からお預かりしたアメシストのリング

日常生活の中でちりやほこりの中には石英、水晶と同じ硬さの物があります。

毎日身につけてると、硬度7 水晶以下の硬度の宝石は傷つく事もあります。

ここまで傷がつくのは珍しいけどね   
 

オパールなども柔らかいし、傷つきやすいんですが

バフトップ、表面がツルンっとしたこんな感じの石なら簡単に最研磨可能です(^_-)

ダイヤモンドペーストで磨けばピカピカに
 

ちなみに、サファイアやルビー ちりやホコリより硬い

硬度9の宝石でも稀に傷ついてる事があります。

これは硬いものでひっかいて傷つくんじゃなくて

ぶつけたり尖ったところにこすり付けると、エッジが細かく欠ける事がある。

硬度とへきかいや靱性ってのはまた別の問題なんです。

でも、すべての宝石はリカット可能なのでご安心下さいませ(^_-)

先日、新しいiphoneがサファイアガラスになる、ならないで話題になってました。

ホームボタンはとりあえず、サファイアガラスみたい。

もし、液晶画面もなったらいいよね~~

傷つかない、保護シール不要

ただ、さっきの話と同じで硬度と靱性は別問題

平面に傷がつく事はまずないと思うけど、尖ったところにぶつけたり

落とせばサファイアガラスでも割れる事はあります。

超極薄5枚合わせサファイアガラスなんか出来たら割れにくいし夢のようだなぁ。

メガネやカメラのレンズカバーも不要になる

アップルなら出来る!がんばれっ

いやいや・・・・シャープやソニーさんに

ネームペンダント キャリーペンダント

オーダーでお作りしましたプラチナネームペンダント

 

せっかくCAD勉強してるので、CADでとも思ったんですが

フォント指定、カーぶつけて、ダイヤもつけて

誕生日プレゼントなので、納期三日ってことで

ハンドメイドです

同業の友達から聞いたんですが、ネームペンダントはキャリーペンダントとも呼ぶそうで

アメリカのドラマ SEX AND THE CITY の中で

キャリーさんがつけてて人気になった

ケリーバッグならぬキャリーペンダント
 
半沢直樹も個性的な指輪しててくれたらな~~(笑)

他力本願じゃなくて、ヒデリングと呼ばれるような素敵なジュエリー作ります

ダイヤモンドリングリフォーム 1ct  共同作品

お客様お手持ちの3本のリングを使って、一本のリングにリフォーム
 

デイリーユース可能なすっきりしたデザインでとのご要望

個性的なデザインでもOKとの事だったので、アシンメトリーな感じでおすすめして(^_-)

こだわりのあるお客様でしたので、それならば一緒に作って行きましょう!

って事でラフスケッチから

各肯定ごとに、細かく確認・修正入れながら作らせていただきました。

現代はLINEって素晴らしい文明の利器があるので、写真も簡単に送れます。

本当によい時代になりましたね

時間は多少余分にかかりますが、僕も楽しかったです。

共同作品、完成   大変ご満足いただけました。
 

ジュエリーのオーダーメイドやリフォームはスケッチで確認、後はおまかせが多いです。

任せると言われた以上、より美しいラインとバランスで

そこが職人のセンスと腕の見せ所なわけですが・・・

細かい部分だけど作り手の好みやテイストみたいなのが入るのも確かです。

30年前はジュエリーを目にする機会も少ない

そもそもジュエリーのデザインもそんなにたくさんない。

でも今は、ファッション雑誌もたくさん、インターネットもある。

とってもセンスの良いお客様が多いです(^_^)

こだわりのある方、センスに自信のある方は自分が監督になって

ジュエリー作ってみませんか?