「加工・工具」カテゴリーアーカイブ

念珠に加工

こんな加工も出来ますのご紹介です

お母様から譲り受けた思い入れのあるネックレス

念珠に加工のご依頼

ネックレスとしてはなかなか身につける機会が少ない石ネックも

念珠にすればお母様からお嬢様へ、お嬢様からお孫様へ

受け継いでお使い頂けます(^_^)

 

こちらの白珊瑚念珠は糸替えと、紫の房を白房に交換

念珠は法具というよりそもそもはお守り

日本では鼻緒が切れるとか、切れるという言葉を忌み嫌いますが

お念珠が切れるのは身代わりとなって悪縁と切れる

縁起が悪いわけではありません。

ただ、10年・20年、長い年月を経れば糸は劣化するし

房は正絹が多いので黄ばんだりもします。

大切なお守り、たまにはメンテナンスして

受け継いで末永くお使い下さいませ(^_^)

 

 

 

シルバー925加工

シルバーでピアスのオーダーを頂きました

金銀プラチナ、すべて貴金属だけどシルバーはちょっと特殊です

飾り職人歴30年ではありますが、ぶっちゃけ苦手な金属

 

金属も人間と同じで長所と短所があります。

銀、ジュエリーに使われる925スターリングシルバーの長所は

金やプラチナに比べて切削性が優れてる、サクサク削れます

融点が低いのでロー付けや鋳造もしやすい

時効硬化、プラチナや金には出来ない熱処理で硬化させることが出来る金属

金やプラチナと比較すると、とっても加工しやすい

 

短所は

硫化して黒変する、温泉入ると黒くなる。

加工性は優れてるけど、削れ易いがために最後に艶出しするバフ研磨で面がだれやすい。

金やプラチナにはない、ファイアースケール 火ムラが出る

出来た!と思いきや

最終仕上げで仕上げてると表面にモヤモヤが出現

それが火ムラ、ここが一番難しい(ToT)

加工性には優れてるけど、仕上げが難しいです。

いったい、どうやってシルバージュエリーは仕上げられてんだろ?

持つべき物は友ですな!

アドバイスを受けながら苦手を克服

銀線作ってピアス作成

まずは熱処理で硬化させて・・・

アドバイスもらったピカシルバーライトで

火ムラ、表面を剥ぎ取り少し銀色

その後バレル研磨でピカッと

今のところ良い感じ(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タングステン 頑固でタフなピンセット

3連休、皆様いかがお過ごしでしょうか

当店も定休日、今日は完全休業

弟と可愛い2歳の甥っ子が遊びに来て刈谷ハイウエイオアシスへ

カキツバタ温泉でマッタリ、ほろ酔い日記です(*^_^*)

 

先日、ピンセット製造会社の動画を見て感動

私達の仕事もたくさんの種類のピンセットを使います。

理想のピンセットを自作したい! ある意味相棒だからね。

amazonさんからタングステン棒が届いたので

タングステンピンセットの作成にチャレンジ

タングステンピンセットって一本6千円位します、高級です

しかも種類は少ない(ToT)

そこで、使い古しのステンピンセットに、1.6mmのタングステン棒をマイクロアーク溶接

タングステンは融点が高すぎてなかなかくっつかないかと思いきや、意外とうまくくっつきました。

飾り職人の仕事の仕事が面白いのは溶かす、溶接する、削る、磨く

大きい物は無理だけどすべての作業道具が揃ってます

男女の仲意外はなんでも直します!なんて、半分冗談で言ってますが、半分本気( ̄∀ ̄)

時計のベルトやメガネフレームも時計屋さんや眼鏡屋さんで直せなくても

飾り職人なら直せる事もあります。

お気軽にご相談下さいね(^_-)

右から精密作業用、0.1mmのホコリのようなロー材もつかめる先っぽトッキントッキンのピンセット

2番目はサイズ直しの時にリングを保持する逆作動ピンセット

3番目は以前作った0.5mmのタングステン棒を溶接したピンセット。使ってみて便利だったので、今回もう少ししっかりしたピンセットを作ってみました。

一番右が小さいパーツをロー付けする時の高温用ピンセット

先を長めにしてあるのは1000度を超える温度になっても

手が熱くならない様に。

ステンのピンセットだと高温で簡単に曲がったり酸化するので

たびたび削って修復が必要。

ガッチガチで曲がらない、3000℃まで絶えるタングステン

頑固でタフな相棒の完成!

 

 

 

 

 

 

 

即時重合レジン 補修

ほろ酔い日記です(*^_^*)

先日、デジカメの三脚が破損

もう20年くらい使ってるので、プラスチックパーツの破損はしょうがないね~(ToT)

重要なネジ部分だったのでなんとか直せないものかと

押入れから探し出した即時重合レジン、歯科技工用です。

何かと便利なアイテムなのでご紹介

簡単に説明すると、ピンクの粉と液体を混ぜるとプラスチックになる。

まずは筆に液を染み込ませて

粉を適量すくい取ります、ちょうど液が染みわたるくらい。

そして盛り付ける

筆も固まっちゃうのでこまめにふき取りながら作業します。

1,2分でほぼ硬化しますが完全に固まる前なら、盛り足す事も可能

特徴は2液を混合するエポキシ樹脂よりも泡が入りにくい

硬いので研磨して艶出しも可能

粉は白もあります、液体の方に顔料を混ぜればどんな色も作成可能です。

修復完了

昔、シルバージュエリーのくぼんだ所に流し込んだりもして使用しました。

今はUVレジンなんて便利な物もありますが

盛り付ける、色をつけられる、あると便利なアイテムです(^_-)

 

 

 

 

ロジウムメッキ

久々のほろ酔い日記(*^_^*)

先日、ロジウムメッキ液が衰えてきたので

新たに購入

メッキって安物?安価なイメージありますよね

でも、ジュエリーに使うロジウムメッキ液は1リットル4万円

高価な液体です(@_@;)

プラチナは下がってきたと思ってたら、レアメタルはおしなべて高騰中ですね。

 

最近、ハードに動いてます

メッキ液じゃないけど50歳、衰えを痛感するとしごろ

気力はあるけど体はとうにピークアウト

鍛えながら、いたわりながら使っていくしかありません。

メッキ液高いな~、思ったけど

4万円でこの体も新品になるなら安いもんです

こればっかりはならんね~(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

体のピークアウトを感じる50歳

 

 

 

画像挿入しようと思ったらワードプレス HTTPエラー

以前も同じ状況になった気がする。

どうやって直したんだか・・・画像アップできないのはなにより困るので

明日格闘します(>_<)

ピアス バネの修理

ピアスのバネ修理のご依頼

こんな小さな板バネが入っています

お任せください、バネのサイズが合わなければバネを作って直します。

どんな修理もお気軽にご相談下さいね(^_^)

 

バネといえば、バネ指って聞いた事ありますか?

先週、左手に違和感が・・・

一週間たって、日に日に痛みが増して中指に激痛が

少し曲げただけで痛む、手が洗えないほど(>_<)

ネットで調べたらどうも指の腱鞘炎ぽい

指にも腱鞘炎なんてあるんですね、バネ指って言うらしいです。

医者へ行こうと思った昨日、痛みが少し和らぎ

今日はさらに調子良い。

人間は自己治癒能力あるので良いね(*^_^*)

 

 

 

真珠 穴あけ

一昨日、カーネーションをたくさん頂きました

子供の頃はそんなに思わなかったけど、歳を重ねるごとに

お花って言いなぁと思います、ありがとうございました(^_^)

先日仕入れてきた真珠たち

南洋真珠は穴があいていない珠が多いので

こんなパール用ドリルで穴をあけて加工します。

普通のドリルでもあかないことはないんですが

普通のドリルでは粉が詰まって摩擦熱を持つのでなかなか穴があきません。

はじめてこれを見た時、本当にこんなので真珠に穴があくのか?と思ったけど(@_@;)

パール用カッターなら楽に穴をあけることができます。

なんでもそうだけど最初に考えた人はすごいね!

シルバーバングルの修理

シルバーバングル修理のご依頼

有名ブランドのしっかりした作りのバングルですがまっぷたつ

 

折れた部分をロウ付けという技法で溶接して直します。

そのままでは強度が落ちてまた同じところが折れるので

穴をあけて内部に銀の線を通し、強度をあげてロウ付け。

完成

金属疲労で折れないバングルはないんですが

使ってるうちに硬くなったバングルも、修理時に全体が高温にさらされる事によって新品の時のようなしなやかさを取り戻しました。

メンテナンスしながら末永くお楽しみくださいませ(^_^)

お知らせ

いつもジュエリークラフトシバをご愛顧頂きありがとうございます。

私事ですが、胃を少々痛めまして2週間ほどかけてメンテナンスする事になりました。

ジュエリーはメンテナンスしながらお楽しみください!

なんて言いながら、はずかしいばかりです。

つきましては、2/23~3/9まで2週間

オーダーメイド・リフォームは休止させていただきます。

加工業務以外は通常営業しております。

入学・卒業シーズン、お値打ちで美しい真珠も揃っております

ぜひお越し下さいませ!(^_^)

 

2/23日は臨時休業とさせていただきます。

ご来店前にお電話いただけるととてもうれしいです。

0565-57-2450 ジュエリークラフト シバ

090-2938-3307 店長 柴田秀樹

 

接着剤のはずし方 ジュエリー

ほろ酔い日記です(*^_^*)

同業の職人さんからどうしても真珠の接着がはずれないと。

アロンアルファ、UV接着剤、エポキシ接着剤

どんなに強力な接着剤も熱には弱い、100℃の温度には耐えられない。

エメラルドとか、べっ甲、琥珀はきびしいけど

ほとんどの宝石は熱には強いので、一時間くらい煮ればほぼ取れます。

でも、どうしてもはずれない時もある。

 

そこで、ヤットコちんちこちん法

みんなやってると思ったけど、意外と知られてないかも。

まず、ヤットコを赤くなるまでバーナーで熱します。

黄色かオレンジ色になるまで熱しておいて数秒待って冷ましてもOK

アツアツのやっとこではずしたい金属部分をはさみます。

必ず、真珠を手で持ったままヤットコでつかみます。

手で持てないほど熱くなるようならやっとこを離す。

それくらいの温度なら、デリケートな真珠にもダメージ与えません。

真珠が少しでもくるっと動けばOK、必ずはずれます。

長時間お湯で煮るより、100℃超えても数秒

ダメージは少なくはずせるんじゃないかな。