「加工・工具」カテゴリーアーカイブ

シートベルトの穴 助っ人

先日、お客様から救助要請

車のシートベルトが出てる穴にピアスがスポッと落ちたと。

シートの下に抜けて落ちるかと思ってみたら

そこだけはシートとレールを固定するための金属のケースになってるんですね(@_@;)

ペンライトで奥を探してみたらピアスポストの先だけ見えた

ながーいピンセットで救助成功! 良かったです(^_^)

次の日は、おばあちゃまが指輪に接着剤がベタベタについちゃったとお持ちになりました。

よく見ると瞬間接着剤っぽい

指輪の心配していらっしゃいましたが

指輪よりもとりあえず手がご無事で良かったです。

瞬間接着剤は下手するとかなり危険^_^;

ジュエリーの工房には工具だけでなく薬品も揃ってます。

有機溶剤で接着剤を溶かし、磨いて5分で新品同様に。

喜んで頂けて良かった。

 

ジュエリーの工房は、切る、削る、溶かす、溶接する。

いろんな薬品と工具が揃っております。

物によっては時計屋さんやメガネ屋さんで直らない物も

直せる事もあります。

大きい物と男女の仲以外はほとんど直せる・・かな

お困りの時はどんな事でもお気軽にご相談下さいませ(^_-)

 

 

 

 

 

引き目ロウ 失敗談

引き目ロウの続きです

なかなか難しくも楽しい引き目蝋(^_^)

ほろ酔いで失敗談書いておきます。

まず蜜蝋をしっかり溶かします。

微かな記憶を頼りに、この溶けた蝋をすくって手のひらに・・

あづっ!! あぢっ!! (>_<)

美しいジュエリーを作るには、我慢や、根性や!

確か・・・熱かった記憶がある。

記憶が間違ってました

我慢も根性も、そんなプレイもいりませんww

すこし冷めてから掬い取って手のひらでさましましょう(^_^)

 

そして柔らかいうちに伸ばしてたたんでまた伸ばします。

柔らかい方が引きやすいですが

柔らかすぎると引き目もつぶれてはっきりでません。

やってるうちに思い出しました。

一回失敗して、練り直して再度挑戦

かなり冷めたくらいがちょうど良い温度です。

30℃前後位かな~、ちょっと固め位

これがすぐに冷め過ぎちゃうので難しい(>_<)

今思えばこの季節、汗をかきながら外でやれば

ちょうど良い温度でやりやすかったかも。

引き目蝋の極意はこの温度じゃないでしょうか?

最初はなかなか上手く行きませんが

何度も何度もやってるうちに美しい引き目が出来てくる

楽しくなってきます(*^_^*)

今では消えさりつつある技法かもしれませんが

まったく同じ物は作れない世界でただひとつの作品

引き目蝋、楽しいし面白いですよ (^_-)

続く・・・

引き目ロウ

先日、南洋真珠のペンダントのオーダー頂きました。

無核の黒蝶真珠を3個使ってデザインはお任せ

CADで繊細に作るか?彫金で作るか?ワックスで作ろうか

真珠からして個性的なジュエリー、これは引き目蝋でいこう!

引き目蝋、ジュエリー業界の方は聞いた事はあると思います。

でも、あんまり見た事はないですよね

ネットで調べても、なかなか情報が出て来ません。

僕も数年ぶり、もしかしたら10年以上前かな^_^;

昔教えていただいた記憶をたどりながら再挑戦

まず、蜜蝋と松脂を混合したワックスを溶かします。

今は混合した引き目用の市販のワックスがあります。

融点は低いのでコーヒーの保温機かホットプレートでOK

僕は年季の入った電気炉の上で。

ゆっくりしっかり溶かします

溶けたら保温機からおろし、表面が固まるくらいまで冷まします。

指先ですくい取って手のひらに何度も塗りつけて

さらに冷ましていきます。

ベタベタのワックスもある程度さめると

手のひらの上で丸められるようになります。

ワックスを細長く伸ばし、2回、3回折りたたみ

さらに伸ばすと、笹の葉のような美しい引き目が出来ます。

作業自体は簡単です(^_^)

ただ・・・これが自分の思うような美しい引き目を作るのは

なかなか難しい(>_<)

太さ、温度、引く力、引くときに指を当てる位置

まったく同じ引き目は出来ない、そこが面白い!!

とりあえずたくさん作ります、30本くらい作ったかな

保管はパスタケースが便利( ̄∀ ̄)

たくさん作っておいて、その中から美しい引き目を選んで

再度、手のひらで温めて柔らかくなったら造形します。

続く・・・

クイックカットヤスリ

ほろ酔い日記です

先日、彫金工具屋さんおすすめのヤスリを買ってきました。

工具フェチです

新しいもん好き、便利な工具には目が♡

20年前に出会えてたら

どんなに幸せだったろうって工具がたくさんあります。

値段の割りに?って工具もまれにあります^_^;

さてさて・・・・

クイックカットヤスリ

とりあえずサクサク削れます

まぁでも、今は安くても新品のヤスリは切れるからね~

 

 

ヤスリを使わない方にはわからないかもしれませんが

ヤスリの基本はサクサク切れるほど良い!

でも、特に細かいヤスリは少しつぶれたくらいも重宝します。

男女と同じく

長く付き合うほど愛着のわく工具が良い

優れた工具も使う人次第って話もあるけど^_^;

クイックヤスリさん末永くよろしくお願いします!

 

 

 

 

1Tael テール 重量

当店にお持ち頂いた純金インゴット

25年この業界で生きてますが初めて見る

1Taelの刻印 (@_@;)

勉強不足、Taelがなんなのかわからなかった ^_^;

調べてみると中国の重量単位なんですね。

1テールは37.429g

製造元は打刻してありませんが品位は間違いなく純金でした。

 

まだまだ勉強です。

 

 

 

先人の知恵 ジュエリー工房

今日は同業の職人さんと一緒に名古屋の大先輩の工房へ

仕事半分でお邪魔して、工房見学させて頂きました。

これはなんですか?

蚊も抜けれない位めっちゃ細かいメッシュの網

ジュエリーを作る仕事は、使う工具はほぼみんな同じ

金槌・ヤスリ・ヤットコにバーナー、バフ研磨機。

ところが工房によって工具配置や創意工夫

本当に十人十色、まったく違う。

こういうところもジュエリー製作の面白いところかも(^_^)

 

 

長い経験の中で、こうすると作業がより早く

美しく仕上がるんじゃないか?

 

先人の知恵と創意工夫が凝縮されてるのがジュエリー工房

かざり職人の作業机

ある意味、それは企業秘密。

今までずうずうしくも優しい先輩に甘えて^_^;

たくさんの工房にお邪魔して勉強させて頂きました。

彫金ハウツー本を読むのも大事だけど、百聞は一見にしかず。

得るものは大きいです。

頂いてきたメッシュの網、大事に使わせ頂きます(*^_^*)

レボプラスト

紫外線硬化ワックスrevoplast、そろそろ材料がなくなってきたので

オーダーしようと思ったら在庫なくなり次第取り扱い終了らしいダウン
常時使うワックスじゃないんですが、あれば非常に便利なワックス
プラチナでのダイレクトキャストは難しかったり
CADの普及もあって、用途はどんどん減ってるには減ってるかも。
バロックパールや変形の石・コインやカメオ枠とか
リングなどでもざっくり作ってバランスを見る時に便利だった。
シートワックスや引き目ロウみたいに手作り感の出しやすいワックスでもあるので
個人的には気に入ってるんだけどね~、残念

ほんの一寸

今夜は仕事で同業のTさんとこへひとっ飛び車

半分仕事、半分油売りにひひ

長々とお邪魔しましたm(__)m

職人仕事は、ほんのちょっとで作業効率があがります

トヨタじゃないけど、小さな工夫、些細な改善の積み重ねです。

企業秘密教えて頂きましたドキドキ

帰ってきて、ほんとに使いやすいんかな?

やってみました

img_8973

想像以上に工具の加工苦労したけど あせる

この工具の内部ってこんな風になってんだね~目

やってみなわからんね。

作業効率上がります、Tさんありがとニコニコ

ブレたらかん  腕時計

当店では腕時計の電池交換も行ってます。

ぼぼ、どんな時計でも交換できる自信はついたんですが

今日、持ち込まれた腕時計。

ネジでとまってるタイプ、ネジをはずして・・・蓋があかない

バンドまではずさないとはずれないのもあるので

バンドもはずして・・・それでもあかない(@_@;)

なんで?他にどんなしかけが??

初めて見る時計なので無理せずお預かりして

腕利きの時計職人さん所へGO

結局は汗と汚れで固着してただけでした^_^;

長い期間放置してあったんですね。

電池は粉吹いてました。

クリーニングもしてもらって結果オーライ!

腕時計は何百種類とあるので、ひとつづつ覚えていくしかありません。

今日もまたひとつ勉強

今日の時計とは関係ありませんが、最も裏蓋あけた時美しい

クォーツ時計の画像張っておきます(^_-)

img_8716

腕時計も本当に魅力的

ジュエリーの仕事も確かに細かいけど、機械式の腕時計の中は

本当に宇宙

男はあのたくさんの精緻な歯車に萌える(*^_^*)

肉眼じゃ見えないようなネジをシュシュッとはずして

ササッと掃除してクルクルッとネジをしめる。

精密ドライバーは垂直に立ったままブレません

強すぎず弱すぎず絶妙なトルクで締めてはる~

惚れてまうやろ~って感じです ♡

時間があれば一日中となりで作業を拝見したいとさえ思う

腕の良い職人さんは所作も美しいですね(^_^)

僕もいつか分解掃除できるようになりたい!!

でも・・・仕事もブレたらかん

とっても魅力的だけど時計はお任せして

飾り職人の道を極めます!

 

ハンドメイド コイン枠

200年前のフランスのアンティークコイン

夢がありますよね(*^_^*) どんな歴史を経て

どんな人の手を渡って今ここにあるんだろう。

 

お客様はシンプルな枠がご希望

シンプルなデザインの場合、CADやワックス、手作りも

コスト的には大きく変わりません。

手作りの場合はこんな感じで作っていきます。

まず、18金の薄いテープをコインに巻いて

img_8836

内側に丸い線を入れます

img_8838

精度が高くないと綺麗に出来上がりません。

コインと枠、外枠と内枠のリング

隙間なくピッタリ合わせてロー付け

img_8839

裏側のコインを留める爪になる部分はヤスリで削り残します。

img_8841

ピッタリ合わせる、綺麗にロー付けする、きっちり削る

シンプルな作業ですが、彫金の基礎が詰まってます。

近年地金の高騰もあって、久しぶりのコイン手作り枠

修行時代にたくさん作ったけど苦労したな~ ^_^;

なんて思い出しながら・・・完成!

img_8846